プロミスは総量規制対象外?

プロミスは消費者金融事業者のSMBCコンシューマーファイナンスが提供するカードローンサービスの名称です。SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行と同様に三井住友フィナンシャルグループの子会社となっています。
三井住友銀行が提供するカードローンサービスとプロミスとはグループ企業ということもあり、同じ自動契約機を利用して契約や借入を行うことが可能です。サービスの特徴としては三井住友銀行の方が金利が低く、融資限度額も高くなります。また三井住友銀行のサービスは総量規制対象外ですが、プロミスは総量規制の適用を受けます。
カードローンサービスを提供している事業者は銀行とその子会社、消費者金融会社、そして信販会社の3つに分類することができます。このうち消費者金融会社と信販会社が行うサービスには貸金業法による総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超過する貸付が認められていません。一方銀行とその子会社が提供するカードローンサービスは貸金業法の適用を受けず総量規制対象外です。そのため一定の条件を満たせば収入の無い専業主婦でも借入を行うことが可能です。
プロミスは三井住友フィナンシャルグループに所属していますが、あくまで消費者金融会社であるため原則として総量規制対象外とはなりません。ただ多重債務者が複数の債務を統合するために利用するおまとめローンであれば例外として年収の3分の1を超える貸付ができます。プロミスも「貸金業法に基づくおまとめローン」という総量規制外のサービスを提供しています。